プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
夏。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。
こんばんわの、ほまれです。

今年も来てしまいました;;8月。
悲しみの(大袈裟)の8月。
ちょっぴりアンニュイです。

以前はなんともない8月だったのですが
親元に帰って来て以来8月は寂しいのですよ。

なにせ、弟1号は夏になると泊り込みで京都の
ペンションに出稼ぎに行ってしまい、
来週になったら2号さんはラグビーの夏合宿に
旅立ってしまうのです。

居ればいたで、「ご飯~ご飯~」と騒がしいのですが
いざ両方居なくなると寂しくてちょっぴり
涙が出ます;;(本当に)

一人暮らしの時は当たり前だった一人でご飯。
すっかり寂しがりやに戻ってしまいましたね。

いや、一人暮らしの時も寂しくて
闇の合間にご飯食べていた気が・・・・・・・
そう言えば、親と同居を始めてなんと2年経ちます。

一人暮らしの時は、毎日家に電話をかけてちょくちょく
家に顔を出していた姉とは正反対で、一ヶ月に一回
顔を出すのがやっとで、電話なんかまったくしなかったですね。

忙しかったですしね。
離れてしまえば、中々連絡も取らないものです。

また、一緒に暮らし始めて長い間離れていたこともあって
新しく気がつくこともたくさんありますね。
(一番のカルチャーショックは小学生だった2号さんが
 高校生だったことでしたが)

家の母は何故か、微熱が続いたり、具合が悪かったり
すると必ず

「白血病よ!!!」

と、言います(笑)私が一番言われて育ったのですが
一緒に暮らしてみると、弟Sも同じらしいです(笑)
長年何故に白血病なのか謎だったのですが
最近やっと謎が解けました。

私はぼけぼけしてるので、足に痣が絶えません(笑)
それは、間違いなくとろいせいなのですが
小さい頃、また別でアレルギー性紫斑病という
痣の病気にかかったことがあるのですよ。

結構大騒ぎだったのと、幼稚園をえらい長く休んだので
うっすら覚えているのですが、足にぶつけてもいないのに
痣が大量にできて、慌てて救急病院に連れて行ったそうです。

その時の待合室で、隣に居たおばちゃんが痣を見て
「その子、白血病だよ」
と、言ったんだそうです。

「お母さんその日から、白血病恐怖症なの」

と、先日告白されました(笑)
(白血病も確かに痣が出来るのですよ)


私のせいじゃん(笑)


そういえば、二歳で腫瘍を切っているので
親としてはドキッとしたんでしょうね^^;

一緒に暮らしているのが、親にとって良い事なのか、
悪い事なのか良く分りませんが、新しい親と弟Sは発見できます。

家族一緒に居られる時間って結構短いものです。
5年経ったら2号さんも社会人ですし
その前に私がお嫁行ってしまうやもしれませんし^^;

もう一回神様が家族と過ごす時間をプレゼントして
くれたのだと思ってこの時間を楽しもうと思う今日この頃です。

たとえ2号さんあたりに辞書投げたくなったりしても(笑)

【2006/08/06 02:03】 | 独り言 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<危なかった(笑) | ホーム | 人生諦めも肝心・・・・分ってはいても・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/59-46c432ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アレルギー性紫斑病について-病気の恐ろしさを見るHP
アレルギー性紫斑病アレルギー性紫斑病(あれるぎーせいしはんびょう)とは、アレルギー性機序により血管が障害を受け、四肢末梢の紫斑を主としたさまざまな症状を呈する疾患である。好発年齢は4~7歳であり、男女差はみられない。別名として、「アナフィラクトイド紫斑病」「 病気の恐ろしさを見るHP【2007/04/19 04:12】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。