プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
歴史に触れる祇園祭(京都レポ8)
祇園祭の為にMAPを印刷して、各鉾や山の事前学習もばっちりで行ったのですが・・・・
駅に着いてひとつ難点が・・・・・・・・・・・

お祭り会場の四条通はとっても都会的なとおり。
地下鉄から道路に出ると、ある種見慣れたビルの群れ。
うーん、とりあえず散策MAPのとおりに歩けば山鉾にあえるはずなんですが。


私今どっち向いてどこに経ってるんですかっ!?


地下鉄から出た道路には山鉾は見当たらず、到底鉾が立っていそうな雰囲気はありません。
間違った方向に歩いてもなんなので、その辺にいた警備員のおじさまに道を聞くと


「なに?山鉾を見に来たのか!?それもいいが見方がなってないなぁ
今の時期は鉾や山に使う布や衣装を公開してるからそこを見るのがおつなんだなぁ
地図みしてみな。

ほら、こことかこことかこの辺でもやってるはずだからな」

へぇ、そうなんですか
とちょっとびっくり、そして納得。
お得な情報は嬉しいんですが、結局私は今どこなんですか?(笑)
(三条通りを逆走してました)

「すぐそこが四条通だから、曲がったら鉾が見えるよ」

と教えて頂いて道を曲がってびっくり。


2009-7-66.jpg

路駐のごとく鉾が前にも後ろにも!

なんかもう、素敵にミスマッチ。
2009-7-67.jpg

まずは、今年先頭を切った「長刀鉾」へ

14~16日は特定の鉾に上ることが出来るんですよ!
拝観料が必要だったり、グッツの購入が必要だったり、条件は鉾ごとにまちまちです。
で、長刀鉾に私は上ってみたかったのですがなんと「女人禁制」でした。
残念。

でもダメって言われると上りたくなるこれ自然の摂理です(笑)
いや、諦めましたけれどね。

せっかくなので、根付を一つかって次の鉾へ

2009-7-68.jpg

MAPで見ると密集して見えますが、実は結構ひとつひとつの鉾や山が離れているので実際見れたのは6個か7個かな?と言うところでした。
全部廻れると思っていたら大間違いでした^^;

次ぎなる御目当ては月鉾!
月鉾だけに兎発見!!w
かわ・・・・・・・いい??
兎は可愛いんですが、撮影の仕方が悪かったのかかなり人相の悪い兎です。
気のせい???

ここで、ちまきを一つ購入して月鉾の上に上がらせてもらいました。
女人禁制じゃなかったですよ、やったぁ

鉾の上は7,8人一緒に上がるとちょっと手狭になるような広さ。
ここに山鉾巡業の日には50人上るそうです!
巡業が始まると2時間は降りる事もトイレに行く事も許されず、密集して50人!!
あ、暑そう~

鉾の上は撮影禁止でしたので残念ながら写真はなし。
鉾の上には係りの方がいていろいろ教えてくださいました。

月鉾のやぐら?の天井には54枚の扇が書かれていて、その扇の柄は源氏物語の「54章」をそれぞれあらわしてるのだとか。
ほへぇ

場面が書かれていたり、その章に縁のある物が書かれていたり。
源氏物語に詳しい人だとちゃんと何章の扇かわかるそうです。
ほへぇ

絵が描かれたのは100年以上も前。
鉾も中の椅子や、建物からの連絡通路を新しくする事はあっても、外郭の柱などは昔から伝えられる由緒あるものだそうです。
すごいですねぇ

装飾一つ一つに職人魂を感じる月鉾でした。
上れてよかったぁw

2009-7-75.jpg

次は「船鉾」へ。
この三つは必ず見て周りたいなと思っていたのでこの3つを見れるようなルートで歩いてました♪
独特の形で素敵ですよね、船鉾。

びっくりしたのが、各鉾の近くにはそれぞれテントがあって祇園祭のグッツを売っているのですが、これが鉾ごとにまったく違うものを売っているんです。
鉾ごとにグッツを各自製作するようでした。
みんな同じかと思っていたのでかなり驚きました。

ちまきの値段もまちまちなんですよ。
うーん、すごい。

船鉾へも上るつもりだったのですが、船鉾のすぐ隣で重要文化財の町屋の建物が14~16日の限定公開をしていて、上らずにそちらの入場料金を払ってしまいました♪

町屋はすごく素敵だったんですけどね、入口にいた優しげなおばちゃんが酷かった。
きっと優しい人なんでしょうけど、酷かった(T□T)
悪口は書いちゃいけないけど酷かった(T□T)

ニットワンピを着ていた私に、チケットを渡して下さるときにじぃっとおなかを見ている。
「????」と思っていたら、にこやかに

「おめでたですか?」

一瞬意味がわからなくて飛び交う?の嵐。
次いで意味を理解する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)

「いえいえ・・・・」

違う違うと力なく否定するも。

「おめでたですね」(笑顔)

ち、違うって言ってるのに(涙)


ダイエット、食べてばかりいないでダイエットしろってことですね・・・・
おなかでてるけど(笑)ここまではっきり言われるとへこみます。
しかも悪意0の方に・・・・・・・・・・・・・・・ううっ

傷心の心を引きずりつつ、警備員のお勧めしてくれた公開品を眺めたり。
あちこちで開催されている和物のバザーを眺めたりしながらお祭りを楽しみました。

とにかく、浴衣が安かったです。
出来上がりの浴衣が1000円からバンバン売ってました。
3000円の浴衣となれば、かなり良いもののアウトレットで欲しくなっちゃいましたが、なかなか着る機会もないのでぐっと我慢。
作り帯も500円~とすごい格安。

祇園祭ってすごいです。

まだまだ見て廻りたかったんですが、5時の新幹線で帰る予定でしたので後ろ髪惹かれつつ京都駅へ。
ライトアップされる宵山も見てみたかったです。

2009-7-76.jpg

京都駅には祇園祭りのミニチュア展示がw
またいつか、こんどはゆっくりお祭りを見物しに来たいなぁ
【2009/07/23 12:13】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<踊ってもいいですか?(京都レポ9) | ホーム | 鱧に出会った四条通(京都レポ7)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/585-3372d9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。