プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
圧力鍋
こんばんわのほまれです。

毎日あっという間に過ぎていくので最近ちょっと
付いていけないほまれです。
6月も10日ですって!すごい速さで時間が過ぎていきます。

でも子供は違うんだろうなぁ。

とか、ちょっとアンニュイになってみたり?
これからどんどん暑くなるのかと思うとちょっと
楽しみな万年冷え性の自分です。
さてさて、私の家での役目は夕飯作りなんですが
最近はすっかりお株を奪われ、料理を楽しむ父が
週の半分は担当してくれ、ついでに週に一日は
母が休日で作ってくれるので、ちょっとさぼり気味です。

家に帰ってくると父がうきうきと料理していることも
しばしばです。
そういえばお見合いの時に相手に唯一父が進言した
ことは「男も料理が作れなければいけないよ」でした。
(相手の方がまったく作れない方だったのです)

そんな父が最近はまっているのが圧力鍋料理。

私が欲しいと言ってもどこ吹く風でしたのに、自分が
欲しくなったら速攻ご購入(笑)
豚の角煮ですとか、もつ煮込みだとか、鳥の手羽煮込み
だとかをそれはもう楽しそうに作っています。
圧力鍋料理の本とか買ってきちゃってw

だがしかぁし、で凝るのはいいのですが(笑)
なんといってもこだわりの男の料理。
ちょっぴり時間がかかります。

先日帰宅するとその日も父がうきうきと料理中でした。

「今な、豚の角煮作ってるんだ。あと手羽先煮るぞ!」
とおお張り切り。
一人鍋に向かって「頑張れ!鍋頑張れ!」と応援してます。
(知らなかった私の行動って父似だったんですか・・・・)

「一時間くらいでできるからな!角煮!」って
その時時計は6時20分を指しておりました。
角煮が1時間で出来るのは本当に便利ですごいんですが、が!

私「終わったら、手羽先煮るの?」
父「おう!すごいんだぞ!20分くらいで煮れるんだ!」

一時間で角煮ができて、さらに20分手羽を煮ると・・・・
(我が家の夕飯は7時です)

私「手羽先、普通の鍋で煮ても1時間かからないよ?」
父「圧力鍋がいい!」

私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、でも・・・」
父「圧力鍋のレシピしかない!」


こ、効率わるーーーーーい。
と思うのは私だけでしょうか。
このへんは時間重視のテキパキ手抜き料理の
私と、メニュー重視のこだわり料理の父の
違いでしょうか。

でも、毎日楽しそうでなによりです。
(ご飯は結局8時半でしたがw)
角煮も手羽煮も美味しかったですよ、お父さんw

昨日圧力鍋を使って見ましたが、牛すじ煮込みが
なんと1時間でとろっとろになりました。
これはすごいです。普通に煮ると3時間煮ても
こんなに柔らかくならないなぁと思うほどの
柔らかさで、なるほどちょっと癖になりそうな
圧力鍋でしたw
【2008/06/11 02:03】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<いつかくるべき未来 | ホーム | 百害あって一利なし>>
コメント
う~ん、圧力鍋きになるなぁ~
後のお手入れはどうしているの??
やっぱりコンロ周辺は汚れちゃうの??


ほまれさま、
やり遂げる姿勢はパパ殿そっくりだよ。
【2008/06/12 01:06】 URL | ねまくりぱんだ #-[ 編集]
ぱんださんこんにちはw

圧力鍋!私も買うまではたいそうな物だと思って
たんですけど、実際はフタのしっかりした
ちょっと重たい鍋くらいで、煮込んでいるとき
ちょっぴりうるさいのを除けば普通lのお鍋です。
廻りに飛び散ったりしないですよw

使い方ちゃんと読んで覚えてしまうと
料理にはとっても便利!でお勧めです。
でもすっごい高いらしいです。

家の父はものすごい気に入っていて
最近はなんにつけても圧力鍋で作っていますw
お互い文句を言いながらも、同じ台所に立つように
なったのは最近の成長です(笑)
【2008/06/12 14:56】 URL | ほまれ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/460-6d398307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。