プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
手に入らない物
こんにちはのほまれです。

最近雪が降ることが多くて寒い日が続きますね。
とはいえ寒くてもなんだか雪って好きですw
湿気が多くて喘息もちょっと楽な気がしますし。

喘息は一年で一番シンドイ時期に入りました。
が、結構元気です(笑)
多少苦しくてもいいので、大きな発作だけ起こさないように
気をつけながら冬を過ごそうと思います。

まずは寝不足治したほうがよさそうですがw
さてさて、最近DVDレコーダーのHDを空けていて
やっとDVDに焼いた去年放送のアニメ(笑)
なんですが、これが私が中学頃(?)に集めた小説が
原作でして、その名も「ゴーストハント」って言うんですがw

何年か前に「なかよし」かなにかで漫画化されて、
それがアニメになったと聞いてウキウキと録画していた
んですよね。(一年放置しましたがw)

全8話の小説をアニメで25話くらいで構成。
かと思いきや!なんと小説の最終巻の内容だけすっとばした
というすごぉぉぉぉぉぉく歯切れの悪いアニメだったんですよね。

この原作者さんが小野不由美さんと言って
「十二国記」や「屍鬼」などの作品を書いている作家さんで
とにかく原作が面白い!
このゴーストハントも初期の大衆少女小説ながらいろいろ
巧妙に書かれていて、最終巻でその謎がずばっと解決!
なのにやらないんですよ、最後だけ!
すべてをうやむやに、無理やりハッピーエンド(?!)
になるのです。

うーん、気持ち悪い。
と思っていたら、中学生の頃の同級生が教えてくださいました。
小説のほうはとっくに絶版になっていて、アニメはあくまでも
マンガを元に製作されたんだそうな。
なのでマンガが最終巻に突入していないので
致し方ない結果なんだそうです。ふーん。
(ちょっと全部終わってからアニメにすればいいのにとか
思っちゃいましたが)

それはそれとして、そうか絶版なのかぁと
好奇心でいろいろ調べてみましたら、原作小説はヤフオクで
高値で売買されていてびっくりです。
全巻セット4万5千円とか^^;一冊7000円とか^^;

ヤフオクのおかげで手に入るものって本当にいっぱいある
のですが、反対にプレミア価値がついてすごいことになったり
転売目的の購入が増えたりでいろいろ考えてしまう所が
あったり・・・・・とはいえしっかり活用させて頂いてますが。
キャンディ・キャンディなんかも結構な値段で取引
されているんですよね、絶版のために。

で、いろいろ調べた結果昔、番外編を原作者が書いて
同人誌で販売したとの情報を見つけました。
そういえば昔姉やら友人やらがこれが欲しい!って
すごく言っていたのを思い出しました。

姉も友人もとにもかくにも「十二国記」が大好きなので
てっきりそちらの話がメインの本なのかとずっと思っていた
のですが、調べてみたらほとんど「ゴーストハント」の
番外編。しかも8本も載っている。

むむむっ、これはちょっと読んでみたいぞなんて
思ってしまったわけです。
でも姉が騒いでいたの事態がかなり前でそのときですら
高値で手が出ないとかなんとか言っていたきがします。

でもなぁ、結構しょうもない大人に私も育ったので
い、1万くらいだったら・・・・・買っちゃうかも・・・
とか思ってしまったわけです。

とりあえず相場を調べてGO!した結果

ヤフオクでの売買価格


120,000円

でした・・・・・・・・・
1万2千ではありません12万です。

一気に諦めつきました(笑)
いやはや、プレミアってすごいですねってお話だったん
ですがw余計な話が多すぎましたw
最後までお付き合い頂きありがとうございます(笑)

でもやっぱりちょっと読んでみたいw
某図書館にあるとかないとかなので、いつか行ってみたい
と思います。
【2008/02/08 16:04】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<あなたの心に届け~ | ホーム | でも長い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/398-b0a55f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。