プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「お前にわかるか?!」
こんにちはのほまれです。

今日は打って変わって元気ぃのほまれです。
外も快晴!風は北風w冬らしい気温に
ちょっと嬉しくなる私です。
だって最近春みたいで、納得いかなかったので。

昨日は思わず、某「●車男」のごとく
「きたぁぁぁ」
と叫びたくなりましたw

横浜に「ナチュラルキッチン」が出来てました!!

ナチュラルキッチンってご存知ですか?w
100円ショップの名前なのですが、名前の通り
木製の商品や、コットン、竹などをあつかっている
お店なのです。

吉祥寺にお店があり、大好きなお店だったのですが
横浜に戻ってきてからは行けなくなってしまって
ものすごく残念だったのです。

100円ショップだとは思えないクリオティの高さ
なのですよ><
100円でいいんですか?って聞いちゃいたくなる
くらいです。
しかも!裁縫系の布やレースも販売されてて
にんまりしてしまいましたwwww

ちょっと幸せ。
さて、冒頭ハイテンションなのですが(笑)
実は「心のぼやき」第二弾^^;
ややっこしいので、飛ばすの推奨w

では

「親は大事にしましょう。親を敬いましょう」
と、人はよく言うのです。
至極当たり前のことを皆さん感じられると
思います。(思いたい。。やもしれません)

私は、人生ほんっっっとうにいろいろ巻き込まれて
生きてきていますが。(主に子供の頃に)
その都度、最善の方法を悩み、選び、導いてくれた
親はやっぱり尊敬しますし、真似できないと思います。
正直、私のような子供で親は苦労したんだろうなぁ
と冷や汗がでます。

昔、特に10代後半くらいの私は至極真面目で
一本気で、融通の利かない子供でした。
悪いことはいけない、親を泣かせてはいけない。
自ら命を絶ってはいけない。

間違ってはいないのですが、それが正義でも
世の中の全てでもないことに気がつけるほど
大人でもなく、ようするに幼かったのです。

「親を憎む」人の気持ちがわかりませんでした。
「きっとなにかすれ違っているんだろう」と
勝手に思い込んでいたんですね。だから
「少し親の気持ちを考えようよ」とか
「ガキっぽいこといわないでさ」とか
版で押したようなアドバイスしか「親が嫌い」と
言う人へ言えなかったんだと今は思います。

その時言われたのが、この一言「お前にわかるか!?」

「俺が子供の頃、夜中に傷みで目を覚ます。
 目を開けると母親が包丁で俺を刺してる。
 その気持ちがお前にわかるか!?」

と言われました。
今でも、どんなに自分がバカだったか情けなくなる
思い出です。
自分自身にぐっさりと刻み込まれた傷があるように
他の人にだって傷はあるのです。

私は、自分自身の傷がひとよりちょっと大きいのを
知っていて、そしてそれでも頑張ってやってこれた
んだから、傷があっても頑張るべきだと勝手に
自分を持ち上げていたのです。

人にはそれぞれの傷があって、それは
深さも傷みも、人によって全然違うのです。
それに気がつけなかった自分は本当にバカだったと
思います。

そのときから、私は「親を殺す」のは間違いなく
悪いことですし、なにがあってもとめたいと
思いますが「親を憎む」ことに関しては
止めない事にしています。

人には人の痛みがあって、きっとそれは
私には計り知れないことなのです。安易に
首をつっこんで、知ったかぶりをすればまた
私は同じ過ちを犯すからです。

好き好んで「親が嫌い」だという人がいるとは
思いません。いつか気が変わるかもしれない
でも、気がつかずに嫌いなまま人生を終えるかも
しれません。それはその人の人生です。

前記の彼については、それが原因ではないにしろ
もう会う事はきっとありません。

でも、もうひとり「親が嫌いだ」とぼやく友人が
います。
今は「嫌いでもいい」と思います。
明確な答えなど、伝えてあげられませんが
それでも、少しでも誰かと話をしたいと
思ったときにそれが自分であったなら
今度こそ間違えたくないと思う今日この頃です。

自分が頑張って生きているように
みんなが頑張って生きているのです。

まだまだいろいろ失敗しながら、学んで失敗しての
繰り返しで生きていくのですが、出来れば
失敗を失敗として感じられる自分でいたいと
願います。
(ただ、気が小さいのでことさら失敗したんじゃないかと
意味もなく不安になること多し)

どうにも好戦的で口が悪いので、失言と暴言は
口から出た後に後悔します。
あと20年くらいしたら口から出る前に気がつける
ようになりますでしょうか・・・・・(無理そうです)

余談ですが、弟に関してはどうしても口煩くなりがち
です。なにか新しいことを始めようとする弟さんには
ことさら、「あれが心配」「これは大丈夫?」と
口を出してしまいます。

バイクに乗りたいと言ったときも、バイトを始めたい
と行った時も。

しかし、先日ミシンの買換えについて親に相談していた
所、同じ気質の母に「続くかわからないのに・・・」
と反対されました。(母は基本的に私の趣味、絵や裁縫
については良くは思っていないのです)
ついでに安い買い物ではないですしね。

その際に横から口を挟んだ弟さんは
「姉ちゃんは、いつだってなにかしてるだろう?
 それが好きなんだから買ったっていいじゃんか」

うーん。弟さんからも学ぶことが山ほどあります。
まだまだ未熟者。でも出来ればずっと未熟であると
認識していたいとおもう今日この頃です。

なにかあったのか・・・と思われるやもですが
なにかあったんですよ(笑)な感じです。
生きていくのは難しいですねぇ
【2007/02/25 12:04】 | 心のぼやき | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<就職をめざせ! | ホーム | おっちゃんそれ反則>>
コメント
十人十色って言葉があるように
人の数だけ、考え方や生き方が
あるんだな。
まぁ、人の事に関しては
口を出さない主義ではあるが
何か相談を持ち掛けられれば
話は聞くけどね。

ただし、始めにアドバイスできるか
どうかはわからんよって
言うけどさ(’’

で、最終的に言う事はといえば
「何をどうしたいん?」
ってことくらいしか言えんのだな。
んでね、「親を殺したいくらい憎い」
ってのがいたら
俺の答えは
「んじゃ、殺せば?」
ってなる。
これだけ聞くと、「すっごい冷たい奴!」
って、思われるかも知れんが
それにプラスして、こうゆう事も言うけどね。
「その事を一生背負って生きていけるならな。」
「その位の覚悟がないなら、やめとけ。」ってね。

まぁ、最近の世の中は
なんだか、命がすっごく軽く見られてるような
気がするんだよね。
よく、「命の次に大事な物は~」って
言う人いるけどさ、あれって
死ぬような目にあって
命が助かった人から見れば
命の次に大事な物って何?
って疑問に思うはずだよ?

なんだか長くなっちまったので
(話が逸れてる気がするけど^^;)
ここで切り上げまっす!

まぁ、最後に
「お前にわかるか!?」って
言われたら、俺ならこう言いますけどね。
「わかる訳ないだろ?」
「他人の気持ちが全てわかるなら人なんてやってねぇよ」
ってね。
他人の気持ちが全てわかったなら
新興宗教立ち上げてますよ(’’
【2007/02/26 00:07】 URL | kitiemon #93VskEUY[ 編集]
きちさんこんにちはです。
コメありがとうございます。
3日ほどバタバタしてしまってお返事遅れて
もうしわけありません。

十人十色って、本当そのとおりですよね。
みんながみんな同じ体験をして生きてる
わけではないですし、同じ体験をしたとしても
感じ方は人それぞれです。

人の気持ちはわからないっていう単純なことに
気がつくまで結構時間がかかりました。
気持ちを汲んであげられる人間にはなりたいの
ですが、基本鈍感なのでたいてい失敗します。

キチさんのレスいろいろと勉強になりました。
レスありがとうございます。
まだまだ未熟、これからも未熟。
未熟なりにちょい熟目指してみます。

他人の気持ちがわかったら新興宗教立ち上げですか(笑)シャープな目の付け所ですよねwあははw
【2007/02/28 11:18】 URL | ほまれ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/182-e088821d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。