プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
おっちゃんそれ反則
こんにちはのほまれです。

今日はかなりの体調不良でずっと寝てました。
(つっこみ厳禁)

大分楽になってほっとしました。

二月もそろそろ終了。早いですねぇ。
とっとと、ミシン新調の準備をしないと
本気で泣くはめになりそうです。ひぃ
さてさて、私は小さい頃から同じ町内で
育ったので、それはそれは近所のおじさん、おばさん
に大事にしていただきました。

まぁ、ちょっと学校事情の複雑なお子様だったので
それもあり、近所の方には本当お世話になりました。
親はずっとそこに住んでいたかったはずなのですが
結局私が原因で、今の家に引っ越してしまったのです。

お彼岸になると、毎年「おはぎ」を作ってくれた
おばあちゃん。
よくご飯に招待してくれたおじさん。
人見知りする子供ではなかったので、いろいろと
お世話になりました。

気がつけば自分が20代後半。
お世話になった方々も、かなりの高齢になりました。
産まれたときからお世話になっていたおじさん
(といってももう80歳近いのですが)が
酸素呼吸器がはずせない状態になり、いつなにが
あるかわからないということです。

それで、先日姉と長男、母が挨拶に行ったらしいです。
なのにおじさんが言うのは
「ほまれ、ほまれをつれて来い」
って言うのだそうです。

確かに本当の孫のように可愛がってくれたおじさんです。
呼ばれたら行かないわけには行かないです。
母にも、「出来るだけ早く会いに行ってあげてね」
と言われました。



「おじちゃん、何であたしを呼ぶのでしょう?」

と母に聞いたところ

「前々から、あなたに会いたいって言ってたのよ・・・・

見合いさせるからって


(T□T)

見合い・・・・・・・・・見合い話なんですか・・・・
相手もとっくに決まっているそうです。

でも、老い先短いおじさんの願いを聞かないわけには
行きません。散々おせわになりましたし。
でも

おっちゃんそれ反則


紫のコート着て行ってやるぅ><
お会いしますが、逃げますよ。私は。
【2007/02/24 15:55】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「お前にわかるか?!」 | ホーム | ご報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/181-36ec8e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。