プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
なにかに負けた気分
こんにちは、のほまれです。

か、風邪引きました><悔しいです・・・・・
風邪は3年に1回インフルエンザのみと
決めているのですが(笑)
去年くらいから風邪に負け続けてます。

しかし、依然誰から貰うでもなく、誰に移すでもなく
独自の風邪を作成し続けています。

なんで、家に襲い掛かっていたにノロにかからず
普通に熱出すのでしょう・・・・・
納得できず・・・
さてさて、おとついの仕事中体のあちこちから
間接痛が発生^^;

痛い~痛い~と思いつつ家に帰り着くと
なんのことなく、熱だしただけでした。

その前日くらいから、突如アトピーの傷口が
こぞって膿むというめずらしい上に痛い事態に
なっており、それに呼応するように耳の中も
なぜか膿んでいました。

おまけに口内炎・・・・・

ようするに、具合が悪かったようです^^;
でも、膿んだのは本当に痛かったですね。
しかも治らない><

アトピーはもう常時傷口のせいなのか
肌が強くなるのか、基本的に膿んだりしないのです。
最近はかなり調子がよくアトピーも出ていなかったので
久しぶりに出来た傷口だったので、膿んでしまったの
でしょうか・・・・ちょっと初体験でした。

昨日は朝は熱がなかったので会社へ行きましたが
やっぱり熱が下がりきらずに、ヘロヘロで帰宅。
「夕飯は俺にまかせろよ」
という一号さんの暖かいお言葉に甘えおかゆを
自分で作って、食して寝ることにしました。

が、

自信満々の一号さんが冷蔵庫からとりだしたのは
近くのスーパーのお惣菜3つ。
ご飯はレンジでチン。

意気揚々とお惣菜をお皿にあけ
一口食べた一号さんの感想

「そうか・・・・・・・お惣菜って

温めて食べるものなのか」


早く元気にならねばと切実に思いました。
なにか一つ学んだ弟さんはレンジでチンして
お惣菜を召し上がってました。

母の計画では子育ては「大学に入るまで」だそうで
来年の春からは弟さんたちに週に1回ずつ夕飯当番に
入れるのが目標だそうです。

なにが出てくるのか不安ですねぇ・・・・
ふと考えると、弟さんの年くらいに私は家を出たので
まぁ、そんなに無茶でもない気もします。
そういえば、お料理に関して不安に思ったことって
ないですね。

いつ、覚えたのかも不明。
もともと食べたい物を自分で作る子供だったやも。
このへんは物作り好きの特権やもしれないですね。

しかし、4月からいったいどんな食卓になるのか
今から不安です。

そんなんで、昨日の弟さんへの不安のせいか
今日は元気です。
【2007/01/13 12:19】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<理解できぬまま早三ヶ月 | ホーム | ドキドキが止まらないお話>>
コメント
料理?
修行させっかい?
もっとも、出張できる距離じゃないけどねぇw

まぁあれだ(’’
簡単なのから教えりゃいいんでないか?
まずは包丁の使い方からか?!
その次にカレーかシチュー作らせてみたらどうだろう?

そして徐々にレベルアップさせれば・・・
嫁さん要らずになっちゃうかも?!
もしくは・・・・
主夫になっちゃうとか?!
【2007/01/13 14:58】 URL | kitiemon #93VskEUY[ 編集]
キチさんこんにちはですw

なるほどwキチさんのところに修行に
出せばあってまに上達しますね!
でもあんまり上手になりすぎて
私が不用になってしまうのも困りますねぇ^^;

本当半分趣味なので、私は毎日自分が
当番でまったく構わないのですが・・

カレーシチューくらいは作れるはずなのですが(笑)でも家は父も料理しますし、母のモットー
が男性も料理は出来るようにするべし!
なので、そのうちジャンジャン作れるように
なるやもですw

キチさんは、お嫁に行っても苦労しないですよねw
【2007/01/14 14:11】 URL | ほまれ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/148-e1060b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。