プロフィール

ほまれ

Author:ほまれ
ようこそです!
あきれず、見捨てず、
広い心で♪よろしくなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
読書の秋はメルヘンチック
こんにちはwのほまれです。
元気に休日出勤ですw
って、月曜日の休日出勤って^^;
なんか雰囲気でないですね。

さてさて、読書の秋にちなんで本のお話。
昨日弟1号さんが、友達に「デスノート」を
貸してあげたいので借りてもいいか?
といわれたので、快くOKしたのですが
「デスノート」は家で言うところの共有本

つまり3人全員が読む本なのです。
まぁ、持ち主はわたしなのですが^^;
なので、対外私の部屋の外に弟2号さんの手によって
転がっています。

そして、そのまま本が溜まると親が弟2号さんの部屋に
まとめて放り込みます。
要するに共有の本を探すには弟2号さんの部屋なのです。

年数を重ね(笑)山積みになった漫画、その他の本を
一冊ずつ開いて3人で「デスノート」探し><
(家の本にはみんなカバーがかかっているのです)

そうすると、時々親の仕事の本とか^^;
なくなった私の本とかが出てくるのですよ。

そんななか、一冊のハードカバーが・・・・・
なにげなく3人で覗き込んで開いたタイトルは


鬱病の人の家族の心得


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なっがい沈黙でした^^;

私「わ、私かな・・・・・・・」
弟1号「ギ、ギリギリ?」

その後パタンと本を閉じて封印しておきました。
いまでも、弟さんの「ギリギリ?」の意味は
良くわかりません(笑)

って、前振り長いですね(笑)
いや、本当みなさんご迷惑をお掛けいたします
(と、ここで謝っておきましょう)
さて、先日ベッドの下から引っ張り出した
少女向け大衆小説(10~20年前のもの)
通勤時間やその他を利用して読んでいます。

実に13~14年ぶりに読み返しました。
が、結構内容を覚えていてびっくりです。
殺人事件ものなので、犯人もトリックも思いだせて
しまうと、ちょっとつまらないです(笑)

でもこの小説、面白い面白くないは別として
大人になって読むとまるでメルヘン(笑)

昔は小学生とか、中学生でしたからあまり
深く考えてなかったとは思いますが
今読み返すと、ありえないこと満載です。
そして「お約束」と称する法則も笑えます。

・出てくる男の子は全員美形、そしてありえないくらいの
 お金持ち&並外れた才能の持ち主

・で、主人公の女の子は必ず好きになってもらえる

・なんでか知らないけど、必ず生きるか死ぬかの
 大怪我を男の子がする

・ちゅうは必ず不可抗力で

・んで、男の達は自分の気持ちよりも、男友達を
 思いやって、女の子を譲り合う

・でも本の最後には大抵誰もいなくなる。

・ついでに、大抵一番怪しくない人が犯人

メルヘンです。めちゃくちゃメルヘンです。
人生一度でいいです、そして一人でいいです
●●家○○代当主なんて肩書きの、気さくで
顔が良くて、性格も良くて、頭も良くて
ついでに気前がいい、なんて男の方に巡り会って
みたいですね(笑)

正直、遠くから見せてもらえるだけで構わないですから(笑)

電車で読んでいると、危うく笑いそうになるのが
難です。
でも昔は本当に好きだったのですよねw
いつも新刊楽しみにしていたのですよw
懐かしい限りですw

そんなんで、最近は結構楽しみながら
読書に勤しんでいますw
【2006/10/30 13:01】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<今日の夢 | ホーム | 心躍る日曜日>>
コメント
以前に読んだ本を引っ張り出して読むのも楽しそうですね~。やってみようかなw
そうそう,あんな本や,こんな本があったっけwもう一度読みたいなww
【2006/10/31 20:34】 URL | 深理 #195Lvy4Y[ 編集]
猫さん><!!

こんばんわです><

もうお会いできないかとドキドキして
しまっていました;;

昔の本はなんだか、こそばゆい感じがして
面白いのですよw

電車の中でついつい読みふけってしまって
乗り過ごしそうになってしまうのが
難なのですけれど^^;

そういえば!猫さんは私のまわりで
数少ない「三原順」さんの愛読者さんなの
ですよねw

小説とはまた違う意味で、昔のマンガを
読み返してみるのも楽しいですよねw
この前「ポーの一族」とか引っ張り出そうと
計画してたの思い出しましたw

【2006/10/31 21:28】 URL | ほまれ #-[ 編集]
某フレンドさんに相談したら,「気にしないで書き込んでいいんじゃない?」って言われました。で,書いてたりしてます。

で,うわぁ~「ポーの一族」ですかぁ(^^;
なつかしいなぁ~
学校時代に,クラブの部屋になぜか大量にコミックスがあって,わたしは,そのとき,しっかりと,萩尾望都先生のファンになりました~w
【2006/10/31 22:02】 URL | 深理 #195Lvy4Y[ 編集]
あはwその通りですw
まったく気にせず書き込んでくださいですww

書き込んでいただけなくなると、私の涙で
部屋に川が出来てしまいますよ;;

萩尾望都さんw私も大好きですw
先日「11人いる!」を読み返していたら
無性に「ポー」が読みたくなってしまったのですw

私は高校の時に先生から「ポーの一族」を
お借りしたのが一番最初でしたw

今でも見かけるとついつい買ってしまうのですw
私の周りを見回しても、萩尾さんや三原さんの
お話出来るの猫さんだけなのです><
なのですごく嬉しいです
ぎゅううううううううううう
(あ、すごく久しぶりに打ちました「ぎゅう」ww)
【2006/10/31 23:16】 URL | ほまれ #-[ 編集]
ぎゅう~~~~っw(なつかし~)

さっそく,読み直したくなって,萩尾さんの本をさがしたけど,どうやら,ダンボール詰めにして物置の奥にあるもよう(^^;
(あまりにわたしの部屋の本が多くなって,半分以上整理してしまったのです。)
こ,これは,出すのに一苦労しそう・・・
今日明日中に読み直すのはあきらめました。
まず,大掃除をしなくてはだめっぽいです。

わたしの萩尾さんの作品との出会いは,高校のときに,入っていたクラブに置いてあったのを読んだのが最初でした。
実は,それまでは,漫画はほとんど読まない生活してました。
ところが,読んでみてもう夢中になりました。

ポーの一族は,人間の一生の儚さや,命の脆さに,涙しましたし,トーマの心臓では,思春期の男の子たちのガラスのような心にはらはらさせられました。
それで,本屋さんでさがして自分用に買ったんです。

うぅ。やっぱり早めに大掃除するしかないかなぁ(><;
【2006/11/01 22:31】 URL | 深理 #195Lvy4Y[ 編集]
「トーマの心臓」!好きですよ><
来訪者も先輩のお話なのですよねw
(たしかオスカーだったような、違うような・・)

私も先日から探している小説シリーズの為に
部屋のダンボールあらかたひっくり返しました><
でも見つかりません。
もう><古本屋に行きたい勢いです。

でも新しく買うと古いのって出てくるんですよね;;
この前DSケース失くして買いなおした直後に
見つかりましたよ(笑)何ヶ月もなかったのに

萩尾さんの繊細なギムナジウム系のお話って素敵ですよねw
いつか片っ端から全部萩尾さんの作品を
読んでみたいですw
図書館とかで貸し出して下されば絶対
通い詰めるのですけれどww

ふふふw猫さん発掘作業頑張って下さいw
あぁ><でも私も今すごく「ポーの一族」読みたいのでしたΣ(゜口゜;
家も発掘現場ですよ><
【2006/11/01 23:40】 URL | ほまれ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kashuukun.blog52.fc2.com/tb.php/110-190643ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。